更年期ってそもそも何?

更年期

 

更年期とはそもそも何なのでしょうか?
まずは更年期の定義を知って、正しく理解することからはじめましょう。
当サイトでは更年期について調べてみたことをまとめました。
また、更年期障害に効果があるというサプリメントについても、2016年最新版のランキングをご紹介します。

 

 

更年期に効果のあるマカサプリランキング2016最新版

 

 

 

更年期の定義について、日本産婦人科学会の定義を調べてみました。
それによると、更年期とは閉経前後の5年間の期間のことを指すそうです。
閉経とは、卵巣の働きが次第に衰えていくことで生理が来なくなるようになり、ついに永久に月経が来なくなることをいいいます。
日本産婦人科学会の定義によると、12ヶ月以上月経が来ないことを閉経というそうです。

 

日本人女性の場合、閉経は50歳前後に訪れることが多いので、一般に更年期とよばれる年齢は40代から50代にかけての期間になるようです。
早い人だと40代前半から閉経が訪れてしまうようなので、30代後半でも更年期にさしかかる女性が一部にはいるということになります。
更年期には卵胞ホルモンのエストロゲンの分泌が急激に低下するため、心身両面でさまざまな不調が起こることが多く、更年期にともなう様々な症状のことを更年期症状といいます。
そのうち、症状が重く、日常生活に支障を来たすような場合に更年期障害という言葉が用いられるそうです。

 

更年期障害の症状とは

 

日常生活に支障を来たすような更年期障害の症状とは主に3種類に分類されるそうです。

 

1.自律神経失調症
2.精神症状
3.その他の症状

 

自律神経失調症というのは、女性ホルモンの急激な低下により、自律神経のバランスが乱れることで、のぼせ、ほてり、めまい、汗、寒気、動悸、息苦しさ、胸痛、頭痛などのさまざまな症状が出てしまうことです。
更年期に特有のホットフラッシュ(のぼせ、ほてり)は自律神経の乱れによるもののようです。
精神障害はホルモンバランスの乱れにより、イライラして怒りっぽくなるなどの情緒不安定の症状が出るものです。
その他、引きこもりがちになったり、やる気が出なくなるなどの抑うつの症状も出てきます。
更年期障害による精神症状により、さらにホルモンバランスが乱れ、さらに精神症状が悪化するという悪循環に陥ってしまうので注意が必要です。

 

その他の更年期の症状としては、おしっこが近くなったり局部の不快感、皮膚のかゆみ、腰痛や関節痛、嘔気や食欲不振などもあります。
生理が遅くなったり、来なくなってしていて、上記のような症状が出ている場合、更年期にともなう症状の可能性もあるので注意が必要です。
閉経にともなう更年期は早い人だと40歳前ぐらいからはじまると言われているので、自分が更年期に当てはまるかどうか注意してみてみましょう。


若年性更年期障害とは

更年期

 

最近ではあきらかに閉経の年齢ではないような20代、30代などの若い女性の間でも、更年期障害のような症状に悩む人が増えているそうです。
20代、30代という若い女性でも1年以上生理が来ないケースもあるそうです。
このような若い女性に本当に閉経が来ることはまずあり得ないのですが、医学的には1年以上月経が来ない状態は閉経と定義されています。
このように20代、30代と若い人たちの間でも更年期障害と同じような症状が出ることを、若年性更年期障害というそうです。

 

43歳以前に閉経を向かえることを医学的には「早期閉経」というそうですが、若年性更年期障害の人で実際に早期閉経を迎える人はほとんどいないそうです。
若年性更年期障害の原因の多くは、ストレスやムリなダイエットでホルモンバランスが乱れていることで起こるのだそうです。
逆に言えば、ホルモンバランスの乱れさえ改善して整えてあげれば若年性更年期障害は治るということです。
それに対して、更年期の50歳前後の女性が悩む更年期障害については、症状を緩和することはできますが、月経が止まってしまうのは自然の摂理なのでどうしようもありません。
月経が止まってしまうことは受け止めつつ、ほてるやのぼせなどのホットフラッシュ、眩暈や頭痛などの不快な症状を緩和するために、更年期サプリなどを飲むことをおすすめします。

 

若年性更年期障害の原因とは

 

若年性更年期障害の原因はストレスやムリなダイエット、激しい肉体運動などといわれています。
女性の身体はとてもデリケートにできていて、ホルモンのバランスはちょっとしたことで崩れてしまいます。
ご存知の通り、女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの二種類があり、この2つの女性ホルモンが微妙なバランスを保っています。
生理の前にはエストロゲンが、生理で排卵後にはプロゲステロンが優位となるようにホルモンバランスが決まっています。
エストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンは主に卵巣から分泌されますが、卵巣に分泌の指示を出すのは脳内の視床下部や下垂体といった部分になります。
つまり、女性ホルモンの分泌には脳も非常に重要な役割を担っているのです。

 

このため、精神的なストレスがかかると脳内の視床下部や下垂体の機能が低下し、卵巣への女性ホルモン分泌の指示が停滞して、結果的に女性ホルモンの分泌が減少してしまうのです。
最近は女性の社会進出も進み、責任のある仕事を任されたり、家事や育児と仕事の両立に忙しい共働き
過剰なストレスがかかると自律神経の中枢である視床下部の機能も低下し、ホルモンバランスも乱れてしまうのです。

 

また、20代などのとくに若い女性の間で若年性更年期障害の原因となっているのは、ムリなダイエットや激しい肉体運動によるものです。
月経というのは元気な赤ちゃんを産むために卵を身体の中で育てるという仕組みです。
そのため、月経には十分な栄養が必要になるのですが、ムリなダイエットをしていると栄養が足りず、月経が止まってしまうことがあるのです。
また、激しい肉体運動などをしていると、その体力回復のために栄養が必要となるので、卵子のための栄養が足りなくなって月経が止まってしまうことがあるそうです。
若年性更年期障害にならないためには、ストレスを溜め込まず、規則正しい生活と十分な栄養が大事ということですね。


更年期障害の治療とは

更年期

 

更年期障害の治療についてまとめてみました。
一口に更年期障害といっても、上でご紹介したように本来の更年期の女性に起こる更年期障害と、20代、30代の若い人の間で起こる若年性更年期障害があります。
50歳前後の更年期の女性に起こる本来の更年期障害の場合、月経が止まるのは自然の摂理なので、閉経を阻止することは基本的に難しいです。
閉経を阻止するというよりは、女性ホルモンが急激に減少したことによる不快な更年期症状を緩和することが治療の基本となります。
その治療は主に女性ホルモンを外から補充するホルモン補充療法(HRT)によりおこなわれます。
エストロゲン単体、あるいはエストロゲンとプロゲステロン療法を補充することで、閉経にともない急激に減少してしまった女性ホルモンをおぎなってあげることで、更年期症状を緩和します。
ただし、エストロゲンには乳がんや子宮がんのリスクを増加させるという副作用がしられているので、HRTは医師の厳密な管理の下でおこなわれる必要があります。
医師の管理が必要なHRTよりも気軽な治療法としては、更年期に効果のあるサプリの服用もおすすめです。

 

更年期に効果のあるサプリというのも様々ありますが、それらは女性ホルモンの分泌をサポートしたり、女性ホルモンのような作用のある成分を補充してあげることで更年期の不快な症状を和らげてくれます。
こういったサプリを積極的に利用したほうが、更年期の不快な症状を和らげて、より質の高い生活を送れると思います。
若年性更年期障害の場合、治療方法はその原因によって2つに分かれます。
まず、ストレスによりホルモンバランスが乱れたり卵巣機能が低下している場合には、ホルモン補充したりサプリを飲むよりは、まずは生活習慣を見直してみることが大事です。
過剰なストレスや栄養不足により生理が遅れてしまっている場合がほとんどなので、規則正しい生活と溜め込んだストレスを解消するようにすれば自然と若年性更年期障害の症状は改善するそうです。
一方、早期閉経が原因の場合には、HRTや更年期サプリなどで積極的な女性ホルモン補充が重要になってきます。

 

若年性更年期障害の原因が早期閉経なのか、ストレスなどが原因なのかは、血中のホルモン量を測定すれば分かるそうです。
早期閉経の場合、一番作用の強い女性ホルモンのエストラジオールの分泌量が3分の1以下に落ちているそうですが、ストレスによるホルモンバランスの乱れならそこまで分泌量が低下することはないそうです。
43歳以下で1年以上月経がこない早期閉経というのは明らかに病的な状態になるので、レディースクリニックなどを受診し、HRTなどの治療を受けることをおすすめします。
クリニックのハードルが高いようであれば、とりあえず更年期サプリなどを試してみるとよいと思いますよ。

 

 

更年期症状 更年期サプリ 女性ホルモン マカサプリ 女性ホルモン サプリ

 

更年期について学べる動画



http://www.christofcargnelli.com/ http://www.realestatebernie.com/ http://www.domingodefutbol.com/ http://www.anacr47.org/ http://www.basboga.biz/ http://www.zetadanee.com/ http://www.reviveyourcreativity.com/ http://www.voitspace.com/ http://www.cheapraybanwebs.com/ http://www.purewestmedia.com/ http://www.radioeradio.com/ http://www.girls-journal.com/ http://www.thefatlosscenteronline.com/ http://www.imagepic.org/ http://www.citeslab-amont78.org/